耳 空気 抜けない 病気

耳の空気がなかなか抜けない場合は病気の可能性がある

スポンサーリンク

新幹線のトンネルに入ると、気圧の変化によって耳が詰まったような感覚になります。耳の空気が抜けないのは、環境によって誘引されて引き起こされます。
耳の中が詰まったようになって聞こえが悪くなったり、中で何か音が鳴っている、自ら発声する音がいつも以上に大きく感じたりするなどの自覚症状があります。
こうしたことの原因はいくつも考えられますが、飛行機に乗っていた、ダイビングをしていたなど空気圧の違いが耳管で通りにくくなるために起こる場合と風邪を引いたときや体調がすぐれない、睡眠不足などでも起きるとされています。
自然に空気が抜けて元に戻る例が多く、唾をのみ込んだりあくびをすることなどアクションを起こすことで解消されるのですが、ある一定期間を過ぎても続くようでしたら専門医に相談してみましょう。
スポンサーリンク

自己解決に至らない場合は、早めに受診することをおすすめします。
耳の閉塞感が長く続く場合は、他の病気の疑いもあります。
また、これらの症状が日常生活において不快感を覚え、気分が悪くなるなど二次的な被害が起こる可能性が否定できません。
放置しておくことで治りにくくなることも考えられます。
病院では鼻から薬を注入する治療法が一般的です。
自身で耳抜きが出来るように正しいやり方の指導があります。
併せて鼓膜検査や聴力検査を行うことで空気が抜けない原因が明らかになります。
他の病気の疑いの場合でも適切な処置が受けられますので空気が抜けないという症状が出たら注意深く観察し、早い段階で医療機関での診断を受けることが何よりも大切です。
スポンサーリンク