耳 ぼーっとする 病気

耳がぼーっとする病気はさまざま考えられます

スポンサーリンク

耳がぼーっとするする閉塞感を感じることはとても不快な症状です。

こうした症状を引き起こす病気の一つとして風邪が挙げられます。

風邪を引くと中耳の内圧が変化する現象が起こります。

風邪の症状である鼻つまりなどによって中に空気が送り込まれなくなり、内耳の圧が低下してしまうため、音がこもって聞こえるようになりぼーっとするのです。

この場合には鼻詰まりが好転すれば徐々に治るため、風邪の治療が大切になります。

そのほかに、急性中耳炎などの病気やメニエール病によってもぼーっとすることがあります。

それに加えて、難聴などの鼓膜に小さな穴が開いた場合にもぼーっとする現象が起こります。

さまざまな原因が考えられるため、耳鼻科での診察が大切になります。
スポンサーリンク

閉塞感を感じることは人間にとってよくある現象の一つであり、例えば飛行機に乗ったときなどの気圧の変化でも起こります。

しかしながら、すぐに改善しない閉塞感を感じたり、何度も繰り返す場合には病気を疑うほうが良い傾向です。

また、プールによく入る人は予め垢の掃除をしておくことも大切です。

垢があると水が入った時に水を含んでしまい、穴をふさいでしまうことがあります。

それに加えて、綿棒での掃除はできるだけ避けるほうがよいでしょう。

垢が奥に押し込まれる場合や先端が中に残ってしまうなどの場合もあるからです。

これが原因で閉塞感を感じたり、炎症を起こしたりする場合もあるため、日常から気を配ることが大切になります。

さまざまな原因が考えられるため、自己判断せずに病院の受診をおすすめします。
スポンサーリンク