耳 病気 めまい 吐き気

めまいや吐き気を伴う耳の病気にメニエール病があります

スポンサーリンク

突然のめまいは、身体的にも精神的にもとても不安が大きい病気です。
回転性のめまいに代表される病気にメニエール病があります。
三半規管の周辺には聴覚を司る聴神経があり、めまいや吐き気と耳鳴り、難聴は密接な関係にあります。
症状が数時間続き、治ってもまた再発を繰り返すことがあります。
治療をしないと少しづつ周期が短くなり、吐き気が治っても難聴だけ残ってしまうことがあります。
メニエール病は30代から50代に多く、特に女性に発症しやすい傾向があります。
通常は片耳だけに起こりますが、まれに両方共に発症するケースもあります。
このような発作は過労や睡眠不足、日頃のストレスの蓄積から生じたり、天候や気圧の変化から起こる場合があります。
スポンサーリンク

吐き気を伴う回転性のめまいには、吐き気止めと共に抗めまい薬を投与します。
飲み薬で対応できないほどの吐き気には、注射や点滴での対応になります。
体内では内耳に内リンパ水腫ができ、神経や周辺の器官を圧迫させる事から起こるといわれています。
内耳のむくみを解消させるために、循環改善薬や利尿薬を使用します。
また、精神的に不安が広がるために抗不安薬や自律神経調整薬、ビタミン薬を用いる事もあります。
薬物療法で解消できない場合には直接内部へ薬を注入する局所治療を行う例もあります。
メニエール病はまだまだ全貌が解明できていない病気ですが、早期の治療で反復する症状を緩和させることができ、密集している他の器官へ影響が出ないようにしていきます。
スポンサーリンク