幼児 中耳炎 症状

幼児が中耳炎を起こした際の症状

スポンサーリンク

中耳炎は子供や幼児に比較的多く見られる病気です。
その原因は中耳に細菌が入り、そこに炎症を起こすためだとされています。
 何故このようなことが起きるのかと言えば、身体が未発達な子供や幼児は、耳管に充分な長さがなく、細菌が侵入しやすいからだとされています。
このため、風邪を引いたときに中耳炎を患うケースが目立ちます。
 その症状としては耳への痛み、難聴、耳鳴りなどがあげられます。
発熱や耳だれなどが起きることもあり、慢性化すると重い合併症を患うこともあります。
 幼児が症状を重くしてしまう原因としては、身体の不調を保護者にうまく伝えられないことがあげられます。
これは熱を出して泣いているのだから、風邪だと勘違いする保護者が多いせいでもあります。
 そのため、幼児が中耳炎になったかどうかを見極めるポイントとしては、テレビの音を極端に大きくしていないかどうかの確認となります。
 症状の一つである難聴をうまく利用するのです。
スポンサーリンク

 中耳炎には急性と慢性の二つがあります。
そして急性を何度も繰り返していると慢性となり、鼓膜に穴が開くという症状が現れ、それが難聴を引き起こします。
 幼児が中耳炎を患った場合は、保護者が本人に変わってその症状を専門医に説明する必要が生じます。
その治療法は薬物投与が基本となりますが、ときにはときには鼓膜を切開してそこにたまった膿を排出することもあります。
 なお、中耳炎により鼓膜に穴が開いてしまっても、そこは自然再生するようにできているため、そんなに深刻に考える必要はありません。
 この病気を発症したときの注意点は、痛みや発熱がある間は、ひたすら安静にさせることです。
鼻水をすすらせても症状は悪化する傾向にあるので、きちんと鼻をかませましょう。
 洗髪や入浴も耳から水やお湯が入るかも知れないのでNGとなります。
担当医から治療は終了したという宣言を受けるまで、油断しないようにしましょう。
素人の勝手な判断は危険です。
スポンサーリンク