赤ちゃん 外耳炎 症状

赤ちゃんの外耳炎、その症状と原因

スポンサーリンク

赤ちゃんが患う耳の病気と言えば、中耳炎というイメージがありますが、外耳炎もまたその一つです。
 そして外耳炎とは、耳の入り口から鼓膜までの耳の穴である外耳道に傷がつき、そこから細菌が侵入することにより発症します。
 赤ちゃんが外耳炎を発症する原因は、一般に耳掃除だと言われています。
これは大人に比べると強度が足りない皮膚に起因しています。
耳かきで垢をとろうとした際に、そこが傷ついてしまったという報告例は多数あります。
 また、お風呂でそれを患うというケースもあります。
これは何を意味するのかと言えば、入浴中に赤ちゃんの頭を洗う際、耳の中に水が入り、そこに含まれていた雑菌が耳で繁殖するという状態を指します。
 耳にできた発疹を掻きむしっているうちに傷がついたとか、中耳炎が悪化して鼓膜が破れ、外耳炎も発症したというケースもあります。
 いずれの場合にしても、保護者の対応の誤りや注意不足から病気になっているのが分かります。
スポンサーリンク

 では、その症状はと言えば、耳の痛み・かゆみ・熱を持つ、耳だれで白・黄色の膿が出る、というのがあげられます。
 その中でも特に目立つ症状が耳の痛みとなります。
これは耳に触っただけで、火がついたように泣き出す赤ちゃんが多数いることからも明らかです。
 これは中耳炎と区別したいとき役立ちます。
中耳炎ならば、耳に触っても痛みを訴えることはあまりないからです。
 また、それを患うと耳からおかしな臭いがするという特徴もあります。
赤ちゃんがやたらと耳を気にしているのであれば、その可能性を疑った方が賢明だと言えます。
 この病気は発症に気付かずに放置していると、食事中に口を動かすだけで耳が痛くなるという症状を引き起こすことがあります。
耳鳴りや難聴、果ては頭痛までが最終的には起きるようになるので、注意が必要です。
 ただし、軽度な外耳炎であれば、数日経つだけで治る傾向にあります。
それを踏まえた上で保護者側がパニックにならないことも肝要だと言えます。
スポンサーリンク