幼児 中耳炎 原因

幼児の中耳炎、その原因や予防策

スポンサーリンク

中耳炎は幼児がなりやすいものだと言われています。
そして意思の疎通がまだできない、あるいはやりにくい彼らは、保護者に不調を伝えることが難しく、気がついたときにはその症状を悪化させているということが珍しくありません。
 では、幼児が中耳炎を患う根本的な原因は何かと言えば、耳の構造があげられます。
幼児は大人に比べると耳と鼻を結ぶ管が短く、水平になっているのです。
そのため中耳に細菌が侵入しやすく、そしてたまりやすくなっています。
 また、彼らは抵抗力や免疫力も大人に比べると不足しています。
そのため、一度風邪を引くとそれをこじらせやすく、そのことが中耳炎を患う原因、その一つになっているのです。
 そのため、一定の年齢に達すると中耳炎を患う人は激減します。
これは肉体の発達と共に、発症する原因である中耳の構造が改善される上に、風邪をこじらせることも滅多になくなるからです。
 大きくなると患わなく病気というイメージを持たれているのは、そのためです。
スポンサーリンク

 では、幼児が中耳炎を患わずに済む方法は何かないのかと言えば、風邪への対策がその筆頭となります。
これは室内の温度調節や衣服の管理が大切となります。
彼らが体温調節をしやすい環境を、保護者が整えてあげましょう。
 季節の変わり目などは温度差が激しいため、とりわけ注意が必要になります。
 ただし、過保護にしすぎても免疫力を低下させることになるため、ある程度で割り切ることもまた大切となります。
子供は外で遊んでいるうちに体力をつけるものだというのを、忘れないようにしましょう。
 それでも風邪を引いてしまったという場合は、鼻をこまめにかんであげるようにしましょう。
鼻水をため込んだりすすったりしていると、それが症状を悪化させることに繋がります。
 いずれの場合にしても、体調管理に気をつけることが何より大切なポイントとなります。
幼児は理由なく騒ぐことはありません。
その不調に気付いてケアしてあげることを心がける必要があります。
スポンサーリンク