赤ちゃん 外耳炎 原因

赤ちゃんの外耳炎の原因とは

スポンサーリンク

赤ちゃんの耳の病気でよくあるのが中耳炎ですが、外耳炎も少なくありません。
外耳炎とは、耳の入り口から鼓膜までの外耳と呼ばれる部分に傷ができ、炎症を起こしてしまった病気です。
その原因の多くは耳掃除です。
赤ちゃんの皮膚は大人より薄く、傷がつきやすいのでちょっとした力加減の誤りで傷ができてしまいます。
また、なかなかじっとしていないため力加減を注意していても傷ができてしまうこともあります。
また、お風呂などで耳に水が入ってしまうと中にいた雑菌が繁殖して炎症を起こすこともあります。
アトピーやあせもなど耳に湿疹ができてしまうとそれをかきむしることが原因で炎症を起こしてしまうこともあります。
中耳炎で鼓膜が破れることでなってしまうこともまれにあります。
外耳炎は、中耳炎とちがい耳に触れるとかなり痛いのが特徴です。
そのため、発見はしやすいです。
しきりに赤ちゃんが耳を気にしていたり、触れると痛がったりする場合には病院につれていきましょう。
スポンサーリンク

他にも症状としては、白や黄色の耳垂れがでる、耳のかゆみ、耳が熱を持つ、膿によって耳がにおうといったものがあります。
そのままでも痛みがありますし、特に膿を放置しておくと咀嚼したり口を動かしただけで痛みを感じるようになってしまうので早めに治療することが重要です。
悪化すると難聴や頭痛といった症状を引き起こすこともあります。
軽度なものならば数日で自然治癒しますが、素人目では軽度なものかどうかの判断はつけにくいので病院にいくことをおすすめします。
病院では、耳垢をとって清潔にしたあと、抗生物質と炎症をおさえる薬を使って治療します。
塗り薬や点耳薬が処方されることもあります。
慢性化しないためにももらった薬はきちんと使い完治させてあげましょう。
自宅では耳の清潔を保ち水が入らないように注意することが大切です。
そもそも耳垢は自然に排出されるものなので、耳掃除はほとんど必要ありません。
耳の入り口をガーゼでふく程度で十分なのですが、耳がふさがるほどで気になるならば病院でとってもらうといいでしょう。
耳掃除は外耳炎の原因となりやすいので控えめにしておきましょう。
スポンサーリンク