耳 違和感 響く 原因

自分の声が耳に響く、耳の違和感の原因とは

スポンサーリンク

自分の声や呼吸音が響く、そんな違和感を感じたことはないでしょうか。なんとも言えない不快感がありますよね。
このような症状は、普段意識することのない鼓膜の奥の部分に異常が隠れているのです。
人間が音を聞くときには空気の振動で鼓膜を振動させ、さらにその信号を増幅させて神経に伝達します。
この増幅機能を持った部分が、鼓膜の奥にある中耳です。
この部分は空洞になっており、耳管という管によって鼓膜内外の圧力調整を行っています。
弁の開閉で空気を入れ替えを行い、鼓膜がきちんと振動するように調整しています。

自分の声や呼吸が直に響くことや閉塞感などの違和感を感じる原因は、この弁が開きっぱなしになっているか、または管が炎症などの影響で塞がってしまっていることが考えられます。
スポンサーリンク

耳管開放症は、弁が開きっぱなしになり管が開放状態になってしまっている症状を言います。
自分の声を聞くとき骨伝導で音が伝わりますが、管が開いた状態だと管を通して直接音が伝わってきます。
そのため、自分の声が響くように感じられるのです。
また、呼吸に合わせて空気が出入りするので、鼓膜がベコ・ボコとなる感じがします。
原因はストレスや生活習慣の乱れによって血行が悪くなり、機能が低下することにあります。
そのため、自然に治ることが多いようです。

耳管狭窄症は、管の内側の粘膜が腫れたり炎症を起こすことによって塞がれてしまう症状です。
伝導障害があるために音が逃げにくく、自分の声が響いて聞こえてしまいます。
悪化すると難聴や中耳炎を起こす可能性があるため、注意が必要です。
風邪やアレルギー鼻炎、副鼻腔炎がきっかけで発症することが多いようです。
安静にして体力を低下させないようにケアすることが必要です。耳を大切にしていきましょう。
スポンサーリンク