子ども 外耳炎 症状

子供の外耳炎の症状について

スポンサーリンク

外耳炎という病気があります。
これは中耳炎とは違いがあります。
それは軽症で済むこともありますが、治療が必要になることが多くなっているということです。
とくに子供の場合は症状が悪化することもあるので、注意が必要となります。
間違った耳掃除をしていると、外耳炎を発症することがあるので注意が必要です。
外耳炎とはどのような特徴があるのかというと、耳の穴から鼓膜までの部分に炎症が発生する病気となっています。
耳の穴の皮膚は非常に薄くて敏感となっています。
したがって少しの刺激でも傷がつくようになっています。
耳掃除をしたときに傷がついたしまうということが多いので、それによって炎症が発生してしまいます。
したがって主な原因としては耳掃除となります。
子供の耳掃除をするときには十分に注意をする必要があります。
2日から3日経過しても症状が回復しないという場合には、耳鼻科を受診するようにします。
お風呂で頭を洗うときに、子供の耳に水が入ってしまうことも原因となっています。
スポンサーリンク

子供の耳に水が入ってしまうと、水の中にいた雑菌が耳の中で繁殖してしまうということがあります。
このほかには耳の中をかきむしってしまい、そこに傷ができて発症するということもあります。
中耳炎で鼓膜が破れた後に発症するというのも珍しいことではありません。
具体的にはどのような症状が現れるようになっているのかというと、耳の痛みや耳垂れで黄色っぽい膿が出るようになっています。
また耳のかゆみを訴えたり、耳が熱を持って熱いというような症状が現れるようになっています。
基本的には痛みを感じるというのが大きな特徴となっています。
したがって少し触った程度でも泣き出してしまうということがあります。
中耳炎の場合は触ってもそれほど痛みがありません。
ここが大きな違いとなっています。
小さな赤ちゃんの場合は痛みを訴えることができませんが、あまりにも耳を頻繁に触るというときや匂いがあるというようなときには、外耳炎の可能性が高くなります。
スポンサーリンク