中耳炎 原因 ストレス

中耳炎の原因とストレスについて

スポンサーリンク

中耳炎は大きく2つに分けることができます。
1つは急性中耳炎で、もう1つが滲出性中耳炎です。
耳の中で炎症を引き起こした時に、中耳から分泌液が出る場合があります。
このような分泌液は通常であれば耳管を通って体外へ排出されるのが一般的です。
ところが、耳管に不具合があって、この分泌液がうまく排出されずに溜まってしまうケースもあります。
これが滲出性中耳炎で、どちらかと言えば子どもに多く見られる病気です。
こうなると、耳の中で水の音が聞こえるようになったり、自分の出す声が響いて聞こえるなどの症状となって表れます。
急性中耳炎が回復する過程でこのような症状が出ることもあります。
急性の場合は、風邪やインフルエンザなどによって細菌が侵入し、膿が溜まるケースが多くなっています。
これらの細菌は耳から侵入するのではなく、鼻や喉を通って耳まで達しているのです。
急性の場合は中耳が腫れ上がったり、耳に強い痛みを感じることも珍しくありません。
スポンサーリンク

急性中耳炎で耳が痛くなる原因は溜まった膿が鼓膜を押し上げることにあります。
そもそも、この膿が溜まった原因は細菌の侵入によるものなので、その元となった風邪やインフルエンザが回復すれば自然と引くことになります。
ですから、症状が重くなければ自然に治るのを待つという選択肢もあります。
この病気が子どもに多くなっている原因は体の構造にあります。
大人の場合は耳管が細く、鼻や外耳よりも中耳が物理的に高い場所に位置します。
ところが子どもの場合には耳管が太く、物理的な位置関係も水平のような状態です。
このために細菌が侵入しやすくなっているのです。
大人がこの病気にかかる原因としてストレスがよく挙げられますが、これは体の免疫機能とも関係しています。
いろいろな細菌やウイルスから体を守る免疫機能はストレスによって大きく低下します。
そのため、ストレスを溜め過ぎると、通常大人はかかることが少ないとされる病気を患うことにもなるのです。
スポンサーリンク