中耳炎 外耳炎 原因

中耳炎、外耳炎が起こる原因とは

スポンサーリンク

耳は大きく分けて3つの層に分かれています。
一つは耳の一番外側にある鼓膜までの間を外耳と呼びます。
次に鼓膜より中に入った中耳と呼ばれるもの、そして最後に三半規管などがある内耳と呼ばれている場所です。
このそれぞれの部分に炎症が起きた場合は外耳炎、中耳炎と病名として表現されます。
これらの症状の特徴はとにかく痛みがあることです。
耳の中に炎症が出来ている事ので自分での治療もなかなか難しく、時には耳が塞がったような感じや耳だれ、発熱などの症状を起こします。
痛みは食事をする際に口を開けたり噛んだりなどの動作によっても痛みがあるため日常生活に支障をきたす場合もあります。
また赤ちゃんや子供の時にかかる事も多く、赤ちゃんが泣きやまずひたすら耳を気にしているような仕草をした場合はこれらの病気を疑うようにし病院に連れて行きましょう。
症状は炎症が引くまで数日間かかります。
あまりにもきつい場合は病院で薬を処方してもらったり治療をしてもらうようにしましょう。
スポンサーリンク

この痛みから逃れるためには病気にならない為の予防が必要になります。
中耳炎や外耳炎になる原因を知っておくことで適切な予防が出来ます。
外耳炎は細菌に感染することで起きる病気です。
外耳の中の皮膚が傷ついたり刺激を受けることで細菌感染する恐れがあります。
外耳炎が起こる原因として耳掃除が考えられます。
頻繁に耳掃除を行うと時として皮膚に傷が入ります。
この事で傷口に細菌が入り炎症を起こすことで病気につながるのです。
また中耳炎も同様で細菌やウイルスが感染することで起きる病気です。
しかし中耳炎の場合鼓膜の中にあるため耳掃除などからの感染ではありません。
主な原因は風邪から来ています。
風邪のウイルスなどが鼻を通り耳につながる管を通って侵入する事で感染してしまいます。
風邪から中耳炎に感染すると言われるのはこの為です。
このそれぞれの原因となるものをしっかりと防ぎましょう。
外耳炎の場合は耳掃除を頻繁にせず少し間を空ける事が大事ですしプールやお風呂に入る際はしっかり耳の中まで水分を取る様に心掛ける事です。
中耳炎の場合は風邪を引いた場合は早めに治療をする事が大事です。
また風邪をひかないためにも手洗いやうがいなどの基本的な対策を心掛けましょう。
痛みで苦しまないためにはこのような対策は行うようにする事が大切です。
スポンサーリンク