子ども 中耳炎 症状 熱

子供の突然の発熱の症状には中耳炎の可能性があります

スポンサーリンク

子供は突然に発熱することがあります。
抵抗力もまだ未熟なため、様々な感染症にかかることも多いので、ついつい小児科に行ってしまいがちですが、中耳炎による発熱の症状を引き起こすこともよくあります。
その際は、やはり耳鼻科に行く方が良いです。
中耳炎とは、風邪などが原因で耳に菌が入ることで膿が溜まることをいいます。
症状としては、耳の痛み、突然の発熱が主です。
言葉で説明できる年齢になれば、耳の痛みを訴えるので中耳炎を疑い、耳鼻科を受診することがしやすいですが、話をできない年齢の子供の場合は耳をよく触る、首を振る、機嫌が悪いなどのしぐさから中耳炎を疑います。
小さな子供は中耳炎になりやすく、繰り返し発症する子もたくさんいます。
それは耳管が短く、咽頭に対して水平に位置しているため、菌が中耳に入りやすい構造となっているためです。
顔のつくりが大人に近づいてくる小学校高学年くらいになれば、耳管の位置も角度も変わってくるため起きにくくなります。
スポンサーリンク

次に、診断と治療についてです。
診断は耳鏡を用いて耳の内部を視診することで可能です。
発症後1〜2日は痛みと発熱の症状が強いため解熱鎮痛剤を使用し、耳だれがある場合は取り除きます。
腫れがひどい場合には抗生物質の内服を行うこともあります。
その後は完治まで時間がかかることもあり経過観察を行います。
痛みがないからと自己判断で通院をやめると中に残った膿が原因で再発したり、滲出性中耳炎に移行したりしてしまうことがあります。
また、鼓膜を切開して膿を出すという手術療法もあります。
鼓膜は切開しても自然と塞がるので問題はありません。
手術療法は重症な場合に行われることが一般的です。
発症、悪化を防ぐためには風邪の症状へのケアが大切です。
鼻水が続くなどの症状があれば早期に受診し、軽い症状で終わらせられるようにするのが良いです。
また、子供には鼻をすすらずにしっかりとかんでもらい鼻水を出すように促します。
鼻をかめない子には市販の鼻水吸引器を使用してもよいです。
とにかく、外に出してしまうのが一番の解決策になります。
スポンサーリンク