こども 中耳炎 原因

こどもの中耳炎の原因について

スポンサーリンク

こどもが耳に不調を訴えることがあります。
しかし上手に言葉で伝えることができないので、機嫌が悪くなったりというような症状が現れることがあります。
しかし多くは耳が痛いというように訴えることから始まるようになっています。
しかし気がつかないということもあります。
小学校に行くまでに必ず一度は発症していると考えられているのが中耳炎となります。
これはこどもに発症しやすい病気の一つとなっています。
耳の中に炎症が発生している状態のことで、中耳炎は耳の穴や外側から侵入してきた細菌などが原因として考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
中耳炎は鼻の奥にある耳管と言うところを通って、中耳と言われる部分に入り込んだ菌が、鼓膜やその内側に炎症を引き起こすことが原因となっています。
したがってプールやお風呂の水が関係しているということはありません。
喉や鼻に細菌が侵入するということが原因となっているのです。
スポンサーリンク

なぜこどもは中耳炎を発症しやすくなっているのかというと、それは次のようなことが考えられます。
こどもは耳管が短いということが関係しています。
また咽頭に対して水平に近い角度で位置しています。
したがって菌が中に侵入しやすいようになっています。
顔の作りが大人に近づくという小学校高学年になったときには、耳管の長さや角度が変わってくるので、中耳炎は発症しにくくなっています。
具体的にはどのような症状が現れるようになっているのかというと、風邪がきっかけとなって発症することが多くなっています。
また炎症が軽いというような場合には、鼓膜が充血するというような程度ですみます。
しかしほとんどは中耳と言われるところに膿がたまって、鼓膜が赤く腫れるようになっています。
鼓膜が圧迫されると、鼓膜に穴が開いて膿が出てくるようになっています。
強い痛みはこのときに感じることが多くなっています。
しかし膿が出てしまうと痛みはなくなります。
スポンサーリンク