子供 中耳炎 症状 頭痛

頭痛がする急性中耳炎と 痛くない滲出性中耳炎 子供の症状

スポンサーリンク

子供の耳の病気で多いのは 中耳炎です。
水泳を習っていたり、鼻水が継続的に出る子は特にかかりやすく 注意が必要です。
本人が気が付くような頭痛、耳痛、熱の症状があるものが急性中耳炎と呼ばれ、痛みがない もしくは少なく 聞こえが悪い、声がこもった感じがするという症状は 滲出性中耳炎と呼ばれます。
本人でも分かるような頭痛や耳痛は 明らかに機嫌が悪い・熱が出たりするので 分かりやすく、風邪をひいていたり 熱はなくても鼻水がでるような状態が長く続くと なりやすいのです。
鼻水が出ると うまく鼻をかめない子はすすります。
 そのため鼻水のばい菌が 耳のほうまで届き悪さをするのです。
滲出性中耳炎は やっかいなことに子供本人は気が付きにくいです。
気が付く多くが 親が子供の名前を呼んだ時に振り向かない、テレビの音量をやたら大きくしている などです。
治っても繰り返すことが多く 切開をして膿を出したり 長く抗生剤のお薬を飲んだりと 親も注意してあげることが症状を改善させます。
スポンサーリンク

急性中耳炎のために起こる頭痛は 膿を出すなどの処置で すぐに改善されることも多いですが 耳の中に垂らすお薬や 痛み止めのお薬を飲めば 繰り返すことは少ないので お医者さんにかかって 処方された通りにすれば 短期間で治り 再発も少ないでしょう。
滲出性中耳炎は 抗生剤をしばらく飲んで 耳の中の膿が減っていけばいいのですが なかなか時間がかかることと とにかく膿を出すのが一番ということで レーザーなどで切開することが多いです。
その後、また抗生剤をしばらく飲みます。
子供に声をかけても なかなか振り向かないなど 続いている間は 治ってないと言っていいでしょう。
子供が 「テレビの音が大きすぎる」「クラスでみんながうるさすぎる」など言った場合、今まで言わないことに 親は慌てがちですが これは逆に 良くなっているサインです。
良くなったから、今まで聞こえなかったものが聞こえるようになり うるさく感じるのです。
長く続いたり、繰り返すことが多いので 親も滅入ってしまうと思いがちですが 子供も体力ができ、強くなっていくので 小学校に行く頃には ウソのようにならなくなった、ということが多いです。
必ずお医者さんにかかり、正しい処置をすればしっかり治るので 根気よく治しましょう。
スポンサーリンク