外耳炎 症状 めまい

外耳炎の症状とめまいについて

スポンサーリンク

外耳炎とは、必要以上に耳掃除を行ったり、水に触れた後に傷ついてしまったところから雑菌が入ることによって、炎症が発生している状態のことをいいます。
また水が入っているのをそのままにしておくと、耳の中にカビが生えてしまうこともあるので注意が必要となります。
雑菌が入ると体にさまざまな症状が発生するようになっています。
軽いめまいが発生することがあります。
外耳炎では軽いめまいの症状が見られることがありますが、このほかには患部が腫れて熱を持っていたり、ズキズキというような痛みが続くこともあります。
症状が悪化すると、口を開けるだけでも痛みを感じるようになります。
したがって食事をしたり会話をするのもつらくなってしまいます。
このほかに外耳炎では、耳が詰まったような漢字やかゆみ、耳垂れの症状が見られることもあります。
したがって病院を受診してしっかりと治療を受けることが大切になります。
外耳炎でめまいなどの症状が現れたときには、次のような治療が行われています。
スポンサーリンク

病院では痛み止めや抗生物質が処方されるようになっています。
このほかに耳に直接入れる点耳薬なども処方されるようになっています。
重症化すると膿がたまってしまうことがあるので、化膿しているというときには、この部分を切開して膿を出すというようなことも行われています。
膿を出すと症状が緩和されて楽になります。
ここにいる菌が無くなるので治療までの時間も早くなります。
外耳炎ではめまいが見られることがありますが、それほど強いものではありません。
外耳炎と診断された後に頻繁にめまいが見られるときには、違う病気が同時に発症している可能性もあります。
したがってめまいがあるときの診断は、その持続時間や同時に現れる状態をしっかりと確認する必要があります。
目のかすみや難聴や耳鳴り、このほかには吐き気や手足のしびれなどが見られることがあります。
意識障害や神経の異常が現れることもあるので、これらがあるかをしっかりと確認しておくようにします。
スポンサーリンク