外耳炎 症状 薬

外耳炎の症状は耳鼻科による薬剤塗布で一気に緩和されます

スポンサーリンク

鼓膜から耳の穴の間を外耳と言います。
この外耳の部分でおきた炎症のことを外耳炎といいます。
これになると外耳に膿がたまり耳が聞こえにくくなる症状が発生します。
このような場合、自分で膿を取ろうとはしないで、耳鼻科に行きましょう。
主な外耳炎の原因は耳掃除のやりすぎです。
耳垢には、乾燥タイプとウェットタイプの二種類があります。
乾燥タイプの人は、何もしなくても耳の穴から耳垢が出ていくので、耳の穴入り口付近にある粉を優しく除去する程度に留めましょう。
また、ウェットタイプの人は綿棒で耳垢を拭き取るように優しく除去しましょう。
耳掃除で外耳に傷がつくと、その傷から雑菌が侵入し、大量に増殖して炎症を起こします。
外耳部分に傷をつけるのは避けましょう。
どうしても、耳掃除をした後は、外耳部分が痒くなるので、綿棒などでかいてしまいます。
このようなことはしなくても、耳の穴に耳たぶをかぶせるようにして、耳たぶの上から軽く人差し指で叩いてあげれば、かゆみはなくなります。
スポンサーリンク

外耳炎になった場合は速やかに耳鼻科の医者に行きましょう。
聞こえにくいからと言って、自分で耳掃除をするのだけは絶対に避けましょう。
症状を悪化させるだけです。
軽い症状であれば自然治癒も期待できますが、耳が聞こえにくくなるくらい膿がたまった場合は、軽いとは言えません。
耳が聞こえにくいほどの膿の発生は重症なのです。
耳鼻科の医者では、外耳に溜まった膿の除去をした後、抗菌剤と抗炎症剤を塗ってくれます。
抗菌剤とは、雑菌をやっつける薬です。
抗炎症剤とは、痛みをとめる薬です。
このようにして、一気に症状を和らげてくれます。
また、飲み薬として、抗菌剤と抗炎症剤を処方してくれるので、数日で完治してしまいます。
外耳炎に似た症状の耳の病気として中耳炎があります。
外耳炎と比較して、とても耳が痛いです。
おそらく耐えれない痛さでしょう。
また外耳炎で発生した炎症が中耳にまで波及することもあります。
とにかく、耳に痛みが発生した場合、早めに耳鼻科の医者に行きましょう。
早期治療に勝る薬はありません。
スポンサーリンク