中耳炎 原因 耳垢

中耳炎は耳垢が原因で起こることもあります

スポンサーリンク

中耳炎は、特に子供に多い耳の病気です。
風邪の後に、ウイルスが鼻から入って起こることが多いのですが、それ以外にも原因は色々です。
実は、普段耳の中をきれいにするために行っている耳掃除、あれが原因で起こっていることもあるのです。
ちょっと意外だとか、ショックだと思う人もいるかもしれません。
もちろん耳掃除はした方がいいのですが、毎日する必要はないのです。
ついお子さんの耳の中が気になって、しょっちゅう掃除をしてあげたくなることもあるでしょうが、必要もないのに耳かきで中をかきまわすことで、耳の中に傷がついてしまいます。
それが最近に感染してかゆくなり、それが中耳炎となってしまうこともあります。
そもそも耳垢は、掃除をしなくても自然に出て来るものなのです。
むしろ、無理して取ろうとすると、それが耳の奥に入り込んでしまい、それで中耳炎を起こすこともありますので、毎日のように掃除をする、さして耳垢がたまってもいないのに掃除をするのはやめた方がいいでしょう。
スポンサーリンク

またそれとは別に、耳垢がたまりすぎて、それが中耳炎の原因となることもあります。
何らかの理由で耳垢が固まって、それが栓塞と呼ばれる塊となって、鼓膜に張り付いてしまい、そのために炎症が起こってしまうのです。
無論これは、耳掃除の時に奥に押し込んでしまった耳垢の塊という場合もあります。
このような場合も、無理して取るとかえって耳の中を傷めますので、まず耳鼻咽喉科に行って、塊を柔らかくする薬をもらうようにしましょう。
これも子供の場合は、プールやお風呂で潜ったり、あるいは髪を洗ったりする時に、水やお湯が耳の中に入ってしまい、そのため症状がよけいにひどくなることもありますので、気をつけるようにしてください。
また耳垢は、耳鼻咽喉科で保険適用で取ってもらうこともできます。
ピンセットや吸引装置などで丁寧に取り除いてもらえますので、耳の中を傷つけることなく、もちろん中耳炎になる心配もありませんので、時には病院で取ってもらうのも一つの方法です。
スポンサーリンク