中耳炎 症状 花粉症

中耳炎の症状と花粉症について

スポンサーリンク

花粉症などさまざまなアレルギーに悩まされているという人がいます。
このようなときに気になるのが中耳炎との関係になります。
アレルギー性鼻炎というものがありますが、ここには季節性といわれるものがあります。
その代表的なものが花粉症となっています。
これは空気が乾燥する季節に鼻炎を引き起こすということもあります。
このようなアレルギー性鼻炎から中耳炎を発症することがありますが、このときに考えられる理由がいくつかあります。
それは鼻水となります。
細菌やウイルスによって汚染された鼻水が、耳管から中耳へと流れ込んで、中耳が炎症を引き起こすようになっています。
これは中耳炎が発症する仕組みの大部分を占めています。
慢性的に鼻水の量が多くなっていると、細菌やウイルスが侵入する確率が高くなっています。
したがってこのような症状を改善するためには、こまめに鼻水を取り除くようにします。
このほかに考えられることは、鼻腔と呼ばれる部分の血流が悪くなっていることです。
スポンサーリンク

鼻腔と呼ばれる部分の血流が悪くなっているので、花の温度が下がり、免疫力が低下してしまいます。
したがって風邪をひきやすい状態となっています。
風邪をひくと中耳炎を発症しやすくなっていますが、血流が悪いということは、花の温度が低下するということになります。
また花粉症やアレルギー性鼻炎の時には、頻繁に鼻をかむという動作を行います。
ここで鼻のかみ方に関しては、片方ずつ行うというのが正しい方法となっています。
これを同時に行ってしまうと、鼻腔の中の圧力が高くなってしまいます。
これによって汚れた鼻水が耳管に入り込んでしまうということになります。
花粉症から中耳炎を併発するときの症状としては次のようなものがあります。
頭痛がひどくなるというような症状があります。
花粉症によって鼻が詰まるという症状から誘発されるというのが多くなっています。
したがって花粉症があるという人は、自分にあった薬を服用し、悪化させないことが中耳炎の予防につながります。
スポンサーリンク