子供 中耳炎 症状 プール

子供の中耳炎の原因と症状、プールなどの水遊びとの関係について

スポンサーリンク

子供がなりやすいと言われる中耳炎。
完治するのに時間がかかる面倒な疾患のひとつです。
そもそもなぜ子供がなりやすいかというと、耳と鼻をつなぐ耳管とよばれる管が子供は短いというところに大きな原因があります。
風邪や鼻づまりなどがきっかけで鼻から菌が入り、それが耳に届いてしまい、鼓膜の奥の中耳という場所で炎症をおこす、これが中耳炎となります。
炎症を起こすと膿がたまり、膿が鼓膜を圧迫して腫れあがります。
こうなってしまうと膿を出すのが一番の解決法ですが、子供の耳管は短い上に傾斜も少なくその膿が外に出にくいのです。
そのため治りにくく、再発しやすくなってしまいます。
一般的な症状としては、耳が痛い、鼻水が多く出る、熱が出るといったことが挙げられますが、自覚症状がない場合もあります。
耳だれやあったり、聞こえにくくなるケースもあるのでよく様子を観察することも大切です。
発見が遅れると手術などを受けなければならなくなることもありますので、怪しいなと思ったら早めに病院に行くのがよいでしょう。
スポンサーリンク

学校のプールで泳ぐようになった、スイミングに通い始めた、それを機に中耳炎になってしまったという話も聞きますが、それは大きな間違いです。
中耳炎は鼻から入った菌が耳で起こす炎症です。
耳から入った水が原因で炎症を起こすことはまずありません。
ごくまれに鼓膜に穴が開いてしまっていて、そこから入った水により炎症を起こすケースはありますが、それは一般的ではありません。
おそらく同じタイミングで風邪などをひいていたといったことが実は原因なのです。
また、以前は中耳炎になると入浴やプールは禁止と言われていましたが、最近では水に入ることで基本的に悪化することはないと言われています。
そのため、特に痛みや耳だれ、発熱といった症状がない場合には、完治していなくてもいつも通りにお風呂やプールを楽しむことができます。
とはいえ簡単に見て判断することができない耳の中の疾患なので、必ず診てもらっている医師の判断を仰ぎ、承諾を得てからプールなどには入るようにしましょう。
スポンサーリンク