鼻づまり 耳がおかしい 原因

鼻づまりや耳が違和感を感じる症状がある時の原因について

スポンサーリンク

鼻の症状が耳に影響を与えるケースはよくあります。
鼻と耳は内部で繋がっているため、時に炎症が広がってしまうのが厄介な点です。
風邪や花粉症などで鼻づまりが生じると、場合によっては耳がおかしいといった症状が現れることがあります。
このような場合の原因は概して耳管の狭窄です。

鼻水をかむ回数が増えると、耳管にも一定の刺激を与えるのが常です。
そのため耳の中でバリバリと音がしたり、鋭い痛みを感じたりすることがあります。
嚥下することでこのような症状は改善することが多いですが、悪化すると中耳炎などの炎症を引き起こしてしまうのが問題です。
症状をひどくしないためには、極力刺激を与えないように鼻づまりを解消することが必要となります。
スポンサーリンク

耳の病気として知られる中耳炎は、多くの場合鼻から入ったウイルスや細菌によって引き起こされます。
鼻づまりがある時には内部の粘膜が少なからず炎症を起こしており、刺激に対する防御力も低下するのが一般的です。
従って、新たなウイルスや細菌に感染する可能性も高くなります。
耳がおかしい時には、こういった感染症にも注意をすることが大切です。

耳がおかしい原因は、鼻にあることが多いです。
このような場合に頼れるのが耳鼻咽喉科と言えます。
広範囲に状態を観察することでより明確な原因を掴めるため、治療も効率的に行なうことが可能です。
風邪や花粉症がある時には、こういった診療科を積極的に訪ねてみることが一つの方法となります。
スポンサーリンク