妊娠中 耳がおかしい 原因

妊娠中に耳がおかしい症状になる原因

スポンサーリンク

妊娠中に耳がおかしいという症状が現れてしまうケースがあります。

飛行機に乗った時やエレベーターに乗った時、山道を走っている時などに感じる耳が詰まったような感覚になるというものです。
周りの音が聞こえ難くなったり、自分の声などが大きく響くような感じたり、水の中にいるような感覚になるなど感じ方は人それぞれです。
耳の片方だけ症状が現れてしまったり、両側の耳に症状が現れることもあります。

これは耳管開放症と呼ばれる症状で、原因は耳と喉を繋いでいる耳管がずっと開いている状態のために起こってしまいます。

通常は、気圧の急激な変化などで起こりますが、妊娠中やダイエットによって発症してしまう女性に多い症状となっています。
スポンサーリンク

耳がおかしいという症状は耳と喉を繋いでいる耳管が開くために起こりますが、妊娠することによって起こるホルモンバランスが通常とは違う働きをするため、ダイエットをすることによって脂肪が減り、耳管が動きやすい状態になるため症状が現れてしまうとも考えられていますが具体的な原因が分からないのが現状となっています。

具体的な治療方法も確立されておらず、漢方薬での治療が最も効果的だとされています。

また、治すのには耳の周辺をマッサージすることなども効果的だとされ、耳の後ろの骨の後ろ部分を、人差し指と中指で円を描くようにマッサージすると良いといわれています。

水分不足や血行不良で症状を引き起こしてしまうこともあるため、水分補給を意識し生活習慣を改善していくことも大切です。
スポンサーリンク