気圧 耳がおかしい 原因

気圧で耳がおかしい感じがする原因

スポンサーリンク

 例えば飛行機に乗っているときや山登りの最中など急に高いところに行った時、スキューバダイビングで水の中から急に浮上するとき、耳がおかしい感じがすることがあります。
この現象の原因として、急激な気圧の変化による鼓膜へのダメージが挙げられます。

 通常、中耳と鼻の奥を繋ぐ「耳管」を通して外の空気が入ってくることにより、鼓膜の外と中の気圧が一定に保たれます。
しかし、風邪などにより耳管が部分的、もしくは全体的にふさがってしまった場合、内耳に空気が入ってこなくなり、内耳側の気圧が低くなってしまいます。
すると鼓膜は内耳側に吸い込まれ、膨らむようになります。
このとき、聞こえづらいなど、耳がおかしいと感じるようになります。
さらに悪化すると、鼓膜に傷がついたり、破けて出血をしたりしてしまいます。
また、中耳と内耳の間にある前庭窓が裂け、内耳の中の液体が漏れ出てしまい、めまいなどを引き起こす恐れもあります。
スポンサーリンク

 さて、耳がおかしいと感じるようになる原因はわかりましたが、治療法はあるのでしょうか。

 まず、飛行機の離陸時など、高いところへ行って外気圧が低下してきた場合には、口を開けたまま呼吸をしたり、つばを飲み込んだりします。
すると耳管が開くようになります。
一方、スキューバダイビングなどの時のように、外気圧が上昇してきた場合には、鼻をつまんだまま口を閉じ、静かに鼻に空気を送りこみます。
すると、耳管を通って耳に空気が入るようになります。

 また、風邪やアレルギーなどの場合、耳管が詰まりやすいので、可能ならば飛行機に乗ることやスキューバダイビングは避けるべきです。
しかし、どうしても避けられない場合は、充血除去剤を使用し、耳管を広げる必要があります。

 耳がおかしいと感じたら、すぐに対処することが重要です。
 スポンサーリンク