耳 電子音 病気

電子音のような耳鳴りは病気が原因の時がある

スポンサーリンク

耳鳴りにはいくつか種類があり、他覚的なものと、生理的なものと病気が原因のものの3つがあります。
その鳴り方も、ブーンという虫の鳴き声のような音やザーと水が流れるような音、その他にもボコボコという泡が出てくるような音やピーという電子音のようなものまでさまざまにあります。
時には、何かのメロディーを思わせるような音がする場合もあるようです。
特に、病気が原因である場合は比較的音がうるさく、虫が鳴くようなはっきりと特徴のある音が鳴り響きます。
また、片方の耳でのみ執拗に鳴り響く場合もあります。
このような音の多くは一時的なストレスが原因である場合も多く、精神的にリラックスできたり環境が変われば自然と収まる場合もあります。
スポンサーリンク

特に、ピーというような電子機器の出す音に似た鳴り方の場合は注意が必要です。
10代から老年の人まで年齢を問わず突然耳が聞こえにくくなる突発性難聴などの場合は、難聴とともにピーという電子音のような音が聞こえるようになるからです。
また、そのような不思議な音が鳴るのはメニエール病やレルモワイレ症候群、急性低音障害型感音難聴の場合もあります。
重度の難聴になってしまっているのでなければ、早めに治療をはじめたり普段から血行を良くしたりすることで症状を和らげることができます。
もし半日以上も音が鳴るのが収まらない、めまいなどの症状もある、片方の耳から音が鳴っている、などの不安な状況であれば早急に耳鼻科を受診することを考えましょう。
スポンサーリンク